バリフを使ってリーズナブルにED治療

レビトラは、バイアグラに続いて承認されたED治療薬です。
バイアグラはEDに悩む人にとって福音とも言える薬として登場しましたが、食事の影響を受けやすいために時間を気にしながら食事をしたり、また服用をして性行為に挑むということを余儀なくされる男性が大勢いました。
第2のED治療薬として開発されたレビトラは、もちろん個人差はありますがバイアグラと比較した場合に即効性が高くまた飲食の影響を受けにくいため、男性がリラックスできるという大きなメリットがありすぐに大人気となりました。
これは、バイアグラとレビトラに含まれている主成分の違いによります。
バイアグラの主成分はシルデナフィル、レビトラの主成分はバルデナフィルです。
さて、医薬品には新薬という薬とジェネリック医薬品という分別があります。
新薬というのは先発医薬品で、何もないところから企画・開発されて市場に出ます。
薬の開発には実験や治験が必要で、いくつものステップを踏んでようやく承認されて市場に出回る薬です。
新薬が開発されると、その製薬メーカーには製造特許が有効となります。
製薬のルールとして、この製造特許が有効な間は別の製薬会社は同じ内容の薬を製造することはできません。
しかし、特許の期間が満了すれば同じ作り方で同じ内容の薬を製造することができます。
こうして作られたのが、新薬つまり先発医薬品に対してジェネリック医薬品に分類される薬です。
ジェネリックは後発医薬品とも呼ばれています。
新薬とジェネリック医薬品の決定的な違いは、製造コストです。
新薬は開発の段階で大変なコストがかかりますが、ジェネリックは既に作り方の決まっている医薬品を製造するので低コストです。
安く作れますから、市場に出たときにも薬価は低く設定されます。
つまり、同じ成分・内容でもジェネリック医薬品は新薬に比べてかなり安いということになります。
またあまり知られていないことですが、インドにはジェネリック医薬品を製造する製薬メーカーがたくさんあります。
これには医薬品の特許制度が背景にあります。
インドには製造特許はあっても成分特許がないために同じ成分を含有している医薬品もジェネリック医薬品として承認されて世界中に出回っているのです。
インド製のジェネリック医薬品は世界で大きなシェアを占めていて、言ってみればジェネリック大国であると言えます。
バイアグラやレビトラにもジェネリツク医薬品が存在します。
バリフはレビトラのジェネリックで、インド国内で製造されて世界の30を超す国々で承認されて使用されています。
バリフはレビトラの後発医薬品ですから、レビトラと同じくバルデナフィルを主成分として作られています。
このバルデナフィルは飲食の影響を受けないことが特徴ですから、バリフも同じで空腹を我慢して性行為に挑まなくてすみます。
それにバイアグラと比べて効果が現れるまでの時間が平均して短めなので男性のプレッシャーも少なくて済みます。
そして何より、新薬のレビトラは高いお薬ですがジェネリックのバリフならかなりリーズナブルで同じ薬効が得られるのが最大のメリットです。

コメントは受け付けていません。 バリフ