バリフだと、一回150円程度でお悩み解決

1998年に日本で行われた公的調査によると、
日本人男性の4人に1人が勃起障害に悩んでいるという衝撃的な結果が出まし
た。
成人男性の25%がEDであるという現実は、非常に深刻です。
高齢化や、身体機能の損傷、飲酒や喫煙がED発症の引き金を引く事もありますし、ストレスという精神的要因が原因になることもあります。

世界に先駆けて、米国のファイザー製薬がバイアグラというED改善新薬を発表して以降、ED新薬が次々と開発されてきました。
特許期間が過ぎると、ジェネリック治療薬も世に出回り、多くの男性の悩みを解消しています。

3大ED治療薬の一つとして知られる、レビトラのジェネリックがあるのをご存知でしょうか。
レビトラは即効性に優れ、強い効き目をもたらすことで知られているED治療薬です。
バルデナフィルを主成分とする薬ですが、服用後10分もたてば男性器が硬くなり、
その持続性が高いことで知られています。
具体的には、10分後から5時間持続といわれており、時間をきにして焦ることなく、セックスを満喫できるところが人気です。
他のED治療薬が、飲酒や食事をすると効果が半減してしまうのに対し、
バルデナフィルにはそれがありません。
例えばアルコールや食事は、女性とのベッドイン前のムード作りをするにおいて、
大切な小道具の一つになります。
それが制限されてしまうと、男性にとっては、いささか不便な状況であると言えるでしょう。

この制限から解放されるのは大きなメリットです。
このバルデナフィルを含有するジェネリック薬品は、インドのAjanta Pharma社が製造しています。
バイアグラのジェネリックであるカマグラや痛風の薬など多様な医薬品を世界中で販売している、大手の製薬会社です。
バリフには錠剤とジェリータイプの2種類があります。

成分が強いので控えめに服用したいと思う男性は、錠剤を二つに割って飲むのがよいかもしれません。
一方のジェリータイプは、極めて即効性に優れているといわれています。
もちろん、レビトラと同じ効果・持続性が得られます。
バリフの価格的は一錠あたりレビトラの1/4から1/5で、300円前後です。

一錠は20mgの薬品ですが、日本人には強すぎるという指摘もあることから、

一度に半錠服用している男性が大半のため、事実上は150円程度になるでしょう。
服用のタイミングは性交開始の一時間前がベストです。
気になる副作用は、頭痛やめまいの症状が報告されており、顔がほてってきたり、胃が痛いなどの消化器系の症状を引き起こすケースがあります。
持病のある男性は、服用前に一度医師に相談するのが良いでしょう。
服用後、自動車の運転やPC作業などは控えるべきです。
また、バリフ服用の上での性交で女性が妊娠した場合、生まれてくる子供への影響は今のところ皆無なので安心です。

コメントは受け付けていません。 バリフ