格安で便利なバリフでパワフルな夜にしよう

パートナーとの「夜の営み」を堪能する為には自分にスタミナや性的なエネルギーが20代・30代の頃の様に満ち溢れている必要があります。
その頃では視覚からの性的な刺激があれば、頭を使わずとも自然にペニスが固く太く勃起した筈です。

しかし、職場での仕事や人間関係の軋轢によるストレス、あるいは肉食中心の欧米型の食生活・飲酒や喫煙等により、どうしても若い頃に比較すると無理が利かなくなるのは仕方の無いことであると思いがちではないでしょうか。

の勃起力を鍛えるという古典的な方法もあるようですが、効果があるという意見もありますが疑問視する向きもあるのが事実です。
そうすると、勃起不全症(通称ED)治療薬の使用を考えるかも知れません。
世界で初めて開発された勃起不全治療薬はレビトラと比較した場合に、レビトラは水に溶けやすいという性質上、即効性が最も高い事や食事の影響が少なく効果が長時間持続出来る事が特徴として挙げられます。

しかし、薬の効果は十分なのですが価格面でもう少し安くならないものだろうかと、考えている人も居るでしょう。
その様な人の為に、レビトラのジェネリック薬品として登場しました。
レビトラが20mg10錠入りで2000円(税込)である事に対して、バリフ20mg10錠入り(税込)が1468円という安さです。
バリフは塩酸バルデナフィル水和物で出来ていて、ペニスの勃起を抑制する酵素PDE5(ホスホジエステラーゼ タイプ5)という成分を阻害することで、ペニスの海綿体平滑筋の緊張をゆるめ血流を促します。
すると、十分な勃起が出来る様にコントロールする事が出来るという訳です。
また、セックスを行う前には空腹にしておかなければならないという影響も少ないというのも便利です。
副作用としては、バリフ20mgを服薬した場合には、頭痛・ほてり・鼻づまり等が確認されており、海外では消化不良やめまい等が報告されています。
バリフの入手方法は個人レベルで輸入して入手するか、薬の個人輸入代行業者を使用するか、あるいは勃起不全症の治療の専門医に診察を受けて薬を処方して貰うという3つの選択肢があります。

何らかの持病がある場合には勃起不全症治療の専門医を尋ねて、現在の持病や服薬している薬を話して身体に問題がない事を確認してからの方が良いでしょう。
バリフは1日1回20mg迄を限度として、次回の服薬は最低24時間以上の時間を空ける必要があります。
特に心臓病・狭心症等の持病があり、ニトログリセリン(nitroglycerin)を服薬している場合は禁忌であり、場合によっては急激な血圧低下を起こす事も確認されているのです。

あるいは、抗不整脈薬・抗ウイルス薬等を服薬している場合にも同様ですから、その様な場合は必ず医師の診断を受けましょう。
持病が全くない場合や、勃起不全症治療のクリニックに行く事がどうしても躊躇われる場合は、個人輸入や個人輸入代行業者経由で、薬を入手すれば良いかも知れません。
その場合、英語に堪能であれば個人輸入でも何らかのトラブルがあっても対応出来ると考えられますが、そうでなければ個人輸入代行業者を利用した方がトラブル発生時にも日本語で対応出来るので安心です。

コメントは受け付けていません。 バリフ