ED治療薬の系統で比較するジェネリック医薬品

医薬品の個人輸入代行サービスから調達出来るED治療薬は、主に3つあります。
バイアグラとレビトラとシアリスの三種類で、こちらの商品それぞれにジェネリック医薬品が存在します。
ジェネリック医薬品はオリジナルと全く同様の効果を持った商品です。
添加物や化合物といった細部に違いがあるものの、基本的に同じ作用を持った医薬品になりますので、費用対効果を求める方々は、ジェネリック医薬品を中心に比べてみましょう。
シアリス系統のジェネリック医薬品は、緩やかな効き目を持った商品です。
バイアグラやレビトラのような、すぐに効き目が現われる事はありませんが、その一方で、一夜を超える持続力が望めます。
ただ、シアリス系統の医薬品は効き始めが穏やか、つまりは非常に遅いため、セックスしたい気持ちになってから服用しても、思い通りになりません。
3時間程度の待機が服用後から必要なので、少し使い勝手が悪いかもしれません。
本格的にED治療薬を使うなら、男性機能が高めやすい即効タイプがオススメです。
バイアグラ系統の医薬品とレビトラ系統のバリフ、どちらも素早く、セックスの用意が調えられます。
両者とも服用後から、徐々に早い段階で医薬品が効き始め、15分から30分で変化が始まります。
60分も待てば男性機能が十分高まります。
「今夜あたり、そろそろしたいな」と思った時に、サッと服用できるのが、バイアグラやバリフの良いところです。
ただ、バイアグラはレビトラ系統の医薬品に比べて、お酒の成分に弱いと言われています。
バイアグラを飲んだにもかかわらず、全く勃起が促されないと話す方々は、前後にアルコールを摂取した可能性があります。
お酒はもちろんのこと、アルコール成分に弱いのがバイアグラ系統の性質です。
そのため、お酒が使われた漬物やスイーツ、料理なども全てNGになります。
普段通りのライフスタイルを、維持しながら、ED治療薬を使いたいなら、バイアグラではなくレビトラ系統が役立つでしょう。
また家計に負担を掛けたくないなら、レビトラではなくバリフを選びたいところです。
効果や服用方法が同様なので、気兼ねなく、価格面で比較できます。
ジェネリック医薬品は化合物や添加物の違いにより、本家の製品に比べて、体調による差が生じる事があります。
レビトラよりもバリフの方が、「個人差」が現れやすいのが難点ですが、一度試してみないと、どの程度の差か分かりません。
個人差と言っても、あくまで理論的な世界、世間の男性の多くが、バリフの服用で男性機能の高まりを感じています。
些細な化合物・添加物の違いを取るか、「費用対効果」を優先するか、そこはユーザーのセンスの見せ所ですが、ジェネリック医薬品に興味があれば、ストレートにコスト最優先でも問題ありません。
先発薬1つ買う値段で、後発薬3つから4つが手に出来る計算になるので、自分のお小遣いや家計への負担を考えれば、自然と答えが出て来るでしょう。

コメントは受け付けていません。 バリフ