ジェネリック医薬品のバリフ

レビトラジェネリックであるバリフ、日本国内でもED治療薬として認識が広まっている薬です。
インドの大手製薬会社である、アジャンタファーマ社が製造している薬で、世界では30カ国にも及ぶ国々で使用されています。
最も有名なED治療薬としてバイアグラがありますが、このバイアグラと比較されることが、よくある薬です。
バイアグラに比べてみると、即効性という面でも優れています。
飲んですぐに効果があるのはいいのですが、効き目が早くでるため、服用するタイミングは計算したほうが良いでしょう。
即効性の時間を考えて、逆算して、タイミングを調整して服用することです。
比較的服用しやすいとされる薬でもあり、安価で使いやすいEDの治療薬でもあります。
こういった点も人気がでている秘密といえるでしょう。
バイアグラが主流で使われていたとき、シルデナフィルという配合成分の影響を受けて、効果を十分に発揮するためには、お腹のすいている状態でないと、発揮できる効果は半分ほど、というものでした。
バイアグラの効果は出るには出ますが、空腹状態の管理が必要になってくるので、少々面倒な部分はあります。
それから登場してきたのが、ジェネリック医薬品のバリフです。
バイアグラであれば、食事のあとの服用では、効果が半減すると言われていますが、これに対し飲食にも強いというのも特徴です。
食事をしてお腹を満たしたあとでの服用であっても、その後の効果が半減する心配はありません。
また、お腹を存分に満たしたことで、効果が出にくくなる、といったことも少ないのです。
なんといっても、価格の安さは、大きな魅力です。
安かろう悪かろう、という言葉がありますが、全く当てはまりあせん。
EDジェネリックの安い薬だからだといって、服用してからの効果も弱い、といったことはないのです。
配合されている主成分バルデナフィルは、レビトラと同じです。
勃起持続化学物質を分解すると言われている、酵素PDE5を阻害して、勃起を起こさせて、その状態をキープできる効果が期待できるものです。
服用後の時間は早いので注意しながら使います。
大体15分~30分という、即効性のある短時間で、徐々に効果が現れてきますから、心に留めておきましょう。
キープできる効果時間は、およそ最大5時間くらいが目安となります。
通常でしたら10mgの服用で、身体に十分な効果が発揮されるので、はじめのうちから大量の服用をすることのないよう、少量からスタートして、様子を見ながら使っていくといいでしょう。
服用に関して、女性や18歳以下の場合は、使用は控えること、成分に対してアレルギーがある人も服用は控えます。
薬の置き場所にあたっては、直射日光の当たる場所は避けて、涼しい場所での保管がふさわしいです。
時間については、性行為の約1時間くらい前に、1錠を飲みます。
服用できる回数は、1日に1回ですので、多く飲むことのないよう規定を守りましょう。

コメントは受け付けていません。 バリフ