バリフはレビトラのジュネリック医薬品です

今、インターネット通販では、海外からの個人輸入代行と言う販売方法が流行しています。
海外からの薬の取り寄せを、個人に代わって輸入代行をしてくれると言うものです。
その流行る理由としては、多くのジェネリック医薬品を扱うことにあると考えられます。
このジェネリック医薬品とは、後発医薬品と呼ばれ、先発医薬品の特許が切れた時点からの発売が許されるのです。
先発医薬品が、研究費とか開発費、人件費などにかけたお金を吸収する間、特許期間を設けることが出来るのです。
ですが面白いことにインドと言う国では、2004年までこの薬の特許を認めないと言う法律が存在していました。
そのことからインドの製薬メーカーは、こぞっていろいろなジェネリック医薬品の製作を行いました。
インドと言うお国事情を察して、多くの国がそれを2004年まで認めたことが大きく発展した理由でもあります。
そんな先発医薬品に対し、ジェネリックと言う後発医薬品で人気になっているのが、ED薬です。
ED薬での先発医薬品と言われるものは、あのバイアグラを先頭にレビトラとかシアリスと言った3種類が、発売されているのでした。
バイアグラを改良した薬が、レビトラでありシアリスで、バイアグラの欠点である服用時間の制限とか、空腹時の服用であるとか、持続時間が4から5時間と短いなど、不満が言われる点の解消に努めた薬です。
このような先発医薬品と呼ばれる薬は、どうしても価格が高く設定されてしまいます。
バイアグラですと、25mg1錠1,300円ほどになり、レビトラやシアリスでは、20mg1錠2,000円とかなり高額になっているのです。
このような単価になってしまうと、頻繁に服用することも控えてしまうことにもなってしまうことから、ジェネリック医薬品が喜ばれることになります。
例えば、バイアグラの改良品レビトラと比較したバリフを見てます。
このバリフの価格は、20mg1錠当たりでは、130円から150程度の価格になっています。
ではレビトラとバリフに効き目の差があるのかと言いますと、ほぼ同様の効き目になっており、服用後15分程度で効き目が現れ、長い時間を待つ必要がない便利な薬になっています。
また持続時間もバイアグラの4から5時間と比べると、8時間程度の持続があり、効果が長いことで、ゆったりとした時間を過ごすことも出来るのです。
そして食事にほぼ影響されない良さも持っているのですから、ごく自然体でSEXに臨むことが出来る薬になっています。
しかしこのバリフと言うジェネリック医薬品は、日本での販売はありません。
購入には、インターネット通販の利用になります。
そこで海外からの個人輸入代行者に依頼することで、手に入れることが出来るのです。
たくさんのサイトが展開されていますので、信用、信頼の出来る業者を探すことも大事になって来るのでしょう。
あくまでも正規品を扱う業者を選ぶようにしましょう。
安いからと言ってニセモノを掴まされては、なにも成らない悪い結果が待っているだけです。

コメントは受け付けていません。 バリフ