私のEDを改善してくれたバリフの確かな力

独身貴族を36歳まで貫いていた私は、”現代の色好みの男”を自称していました。
つまりプレイボーイを気取っていたのですが、ある時EDになってしまい人生のピンチを迎えてしまいました。
ですが、その時ED治療薬のバリフが私のピンチを救ってくれたのです。

私は学生時代、古典文学を読むのがとても好きでした。
特に平安時代の物語文学の中で男女が丁々発止の恋の駆け引きを行う様を読み、想像するのが好きだったのです。
中でも私のヒーローは在原業平と光源氏でした。
彼らは色好みの男と呼ばれています。

今でいうプレイボーイですね。
色好みの男というのは単に女性が好きなだけでなく、和歌を詠む才能を持っている事を表す言葉でもあります。
私は、そんな色好みの男に憧れて30歳を過ぎても独身貴族を貫いていました。
それまでに沢山の女性と交際して来ましたし、セックスにも自信を持っていました。
しかし、35の時に交際を始めた彼女と初めてホテルに入った時に問題が発生しました。
私のペニスはなかなか勃起しなかったばかりか、何とか勃起させて彼女の中に入れてもすぐに中折れしてしまったのです。
セックスでこんなに焦ったのは初体験以来でした。
これは彼女に嫌われても仕方が無いと思ったのですが、彼女はそんな私に「そういう事もあるわよ」と言ってくれました。
私はその後EDについて色々と調べてみました。
どうやら30歳そこそこでもEDになっている方は多い様です。
さてその頃、父方の叔父とたまたま会う機会がありました。
叔父はしばらくインドで暮らしていたのですが、インドで作った人間関係を介して個人輸入代行業者を始めるために帰国してきたのです。
私は叔父と仲が良かったので、叔父が帰国した日に一杯飲みに行きました。

「相変わらずプレイボーイしてるのか」と、居酒屋で焼酎片手に叔父が私に尋ねました。
「彼女はいるんだけど」と私は叔父に応えてから、「だけど、どうも僕はEDになってしまったみたいなんだ」と力なく付け足しました。
叔父は「そうか・・」といって少し黙りました。

ですが何かを思いついた様に、「今度良いものを持って来てやる」と私にいってにやりと笑ったのです。
それから1週間後、私のアパートに叔父が尋ねて来ました。
そして私に小さな箱を渡して来たのです。

その箱には「VALIF」というロゴが入っていました。
「これはインドで製造されているED治療薬だ。
しっかりした製薬会社で作られているから安心して使えるぞ」と、叔父は説明してくれました。
バリフはED治療薬のジェネリック版で、効果もレビトラとほとんど同じなのだそうです。

後日私は彼女とのデートにバリフを持って行き、ホテルで服用してベッドインしてみました。
すると服用から20分して、私のペニスは力強く勃起を始めたのです。
その晩は中折れどころか2回戦まで行う事が出来ました。

彼女も満足してくれた様でしたし、私がEDに悩んでいた事を知っていたので、バリフのもたらしてくれた結果に泣いて喜んでくれました。
バリフのおかげでEDの悩みを解消出来ました。
現在は彼女と結婚し、色好みの男は卒業しています。

※このページの文章はヨネアキさんのメッセージを許可を得て再編したものです。その他メッセージお待ちしております。

コメントは受け付けていません。 バリフ