処方薬のED治療薬とバリフの違い

医療機関で処方されるED治療薬は、バイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類です。
その以外の薬は日本では入手することはできず、ドラッグストアや薬局では販売していません。
インターネット上に存在する個人輸入代行サイトから購入することになります。
このサイトでは、ED治療薬のジェネリックも販売しており、バリフは特に人気があります。
レビトラの格安版であり、製造方法に違いはありますが、成分は同じものを使用しているため、ほぼ同じ効果が期待できるのです。
持続時間が長いED治療薬であり、一日中性行為をするようなシーンで重宝します。
バイアグラと比べて、効き目はゆるやかですが、副作用が弱いのはメリットです。
もともとレビトラは、バイアグラの欠点を補うために開発されたものであり、バイアグラは合わないという方からも好評なのです。
「薬を飲んだ」という安心感から勃起力が増す方も多いので、メンタル的な効果も期待できます。
バリフは小さな薬ですが、効き目は抜群であり、10mgタイプでも十分に体感できるという方が多いです。
ネットで販売されているのは20mgであり、これを2分割して飲まれている方も多く、1回分の薬代を100円未満に抑えることも可能となります。
通常価格は1錠あたり100円~200円くらいで、購入する箱数が多くなるほど安くなる仕組みなのです。
さらにピルカッターで分割して飲めば、1日あたり50円~100円で飲むことが可能です。
効き目はレビトラとほぼ同じなので、コストパフォーマンスは抜群です。
正規のレビトラですと、1錠1,500円以上することが多いため、1ヶ月毎日服用すると45,000円という高額となります。
バリフの場合ですと、1ヶ月あたり3,000円、2分割すれば1,500円まで薬代を抑えることができます。
性行為の回数は、日本人の場合は多くても1日置きなので、その場合は1ヶ月750円で飲めてしまうのです。
男性のメンタルは女性が思っているよりも弱く、ちょっとしたきっかけで立たなくなることが多いです。
この場合は、生活習慣が原因ではありませんから、メンタルを回復していくしかありません。
バリフを飲んで性行為を性交させれば、それをきっかけにEDが治ってしまう男性も多いのです。
うつ病などの精神疾患を抱えている場合は、精神安定剤の処方が必要になることも多く、クリニックでED治療を受けた際に処方を受けることも多いですが、プレッシャーやコンプレックスといった軽度なメンタル要素が関係しているならば、ED治療薬だけで治せることが多いのです。
バリフの口コミを見ると、価格の安さに魅力を感じている方が多いのがわかります。
レビトラは1錠1,500円もするため、飲むには抵抗を感じる方が多いはずです。
気兼ねなく飲める金額としては、1錠あたり200円~300円くらいと答える方が多いのです。
この価格でED治療薬を飲むには、個人輸入代行サイトを利用する以外に方法はありません。

コメントは受け付けていません。 バリフ