ED治療薬はジェネリック医薬品で、お得に試せます

男性なら加齢とともに多くの方が悩むと言うと、勃起力や持続力の悩みです。
一昔前に、バイアグラが登場した時は誰もが興味を持ちましたし、試した方も多いです。
その後もレビトラやシアリスなどのED治療薬が開発されましたが、どの薬もそれなりの価格がしていたので、なかなかすぐに手の届くようなものではありませんでした。
しかし最近はネットで色々と調べてみると、バイアグラをはじめとする、ED治療薬の新薬とほぼ同じ成分で同じ効果を期待出来ると言う、ジェネリック医薬品が流通している事を知りました。
例えばレビトラのジェネリック医薬品では、バリフと言う薬が発売されています。
この薬の新薬であるレビトラは、2004年の6月に発売されました。
日本では新薬に対する特許権は、20~25年とされていますが、発売されてからまだ10年なのにジェネリック医薬品としてのバリフが発売されているのには、疑問を感じる方もいらっしゃると思いますが、安心して納得できる理由があるのです。
その理由とは、実はバリフはインドで製造販売されているのですが、このインドでは医療品の特許そのものが認められていないのです。
つまり新薬が発売されて10年ほどでも、ジェネリックとして安く販売する事が出来るのです。
なにかすごく都合のいい事のように思う方もいますが、特許を認めていないので、国際的な法律や何かに触れるわけでもなく、正規品として流通できるのです。
特許を認めていないインドで製造した物を、日本で流通させる事が心配な方もいらっしゃいますが、インド国内で合法的に製造された物ですから、日本で流通しても特許違反にはならない事も安心出来る事実です。
ジェネリック医薬品は確かに安いですが、普段の内科や耳鼻科などで処方される際にジェネリック医薬品を選択しても、驚く程の安さを感じた方は少ないです。
しかしインドジェネリック医薬品は、驚く程の安さを実感できます。
それは、ジェネリックである事のもともとの安さに加えて、インドで製造する事での人件費や資本の安さもいい影響を与えています。
例えばあるサイトで見てみると、新薬であるレビトラは20mg28錠で47900円ですが、ジェネリックのバリフですと、20mg30錠で7800円なのです。
これは本当に驚く程の価格差になっています。
こんなに安くて確実なバリフですが、先程書いた特許の性質上では、ドラッグストアなどで気軽に購入する事は出来ません。
購入する方法は個人輸入するしかないのです。
ですが私の様な素人が、個人輸入するとしても難しい事なので、ネットで調べて安心出来る個人輸入代行サイトを利用するのが一番いい方法です。
個人輸入サイトでも大手のサイトですと、このようなED治療薬の他にも、一般的な薬も取り扱っていますし、個人輸入のプロですので、安心して購入する事が出来ます。
サイトによりますが、送料無料であったり、商品名が分からない様に発送もしてくれるので、安心出来ます。
比較サイトや、ランキングサイトなどを利用して安心出来る大手のサイトで購入すれば、お得な価格で正規品を試す事が出来ます。

コメントは受け付けていません。 バリフ