バリフはレビトラのジェネリックです

最近、ジェネリックのテレビCMをよく見かけるようになりました。
それだけ一般の方のジェネリックへの認知度が高まってるということでしょう。
ただ言葉は知っているけれど、利用した経験のない方も多そうです。
処方医薬品の特許が切れると、同じ成分の医薬品を作ることが可能になりますが、その成分が同じ医薬品をジェネリック医薬品と呼びます。
このジェネリック医薬品は、研究・開発に費用をかける必要がないため、低価格で販売されているのが普通です。
普通、医薬品の開発には巨額の費用が必要ですから、処方薬ではその費用が薬の費用に上乗せされてるため、どうしても1錠あたりの価格が高くなってしまいます。
価格が高いと、飲みたくても飲めないという方もいるでしょう。
そのような悩みを持っている方にとって、ジェネリックの登場はうれしいニュースのはずです。
ただ、有効成分は同じでも、添加物は違うと薬が胃の中で溶ける時間が違ってきたり、効果が少し変わってくることもあります。
その点を、よく知ったうえで服用することが大切でしょう。
バリフはED治療薬レビトラのジェネリック医薬品で、有効成分はバルデナフィルです。
この作用はトレビラと同じです。
バイアグラが食事の影響を強く受けるのに対して、このバルデナフィルは食事からの影響がきわめて低く、適度であればアルコールを飲んでも大丈夫だというのですから、非常に飲みやすいED治療薬だということができます。
バイアグラでは、空腹を我慢しながら服用しなければならなかったのに、バルデナフィルであれば、食事を我慢する必要はありません。
バリフは、インドの製薬会社が製造しているジェネリックです。
レトビラより非常に安価に手に入れることができ、日本でも個人輸入を利用して手に入れている方がたくさんいます。
ただ気になるのは、バリフとレビトラの違いでしょう。
有効成分は同じなので、効果には差はほとんどないということができます。
もちろん、効果に個人差があるのは当然ですが、それはレビトラにもあるものです。
ですから、レビトラで効果があった方なら、バリフでも効果が十分期待できます。
他のジェネリック医薬品と同様に、バリフでも偽物が多く出回っていますから、偽物を購入しないように気をつけましょう。
もし、偽物を本物だと思って服用してしまうと、思わぬ健康被害に見舞われることも考えられます。
ただ、レビトラでも、ほてりや鼻づまり、胃の不調などの副作用はありますから、それらの副作用が出たからといって、すぐに偽物だと判断することはできません。
本物であれば、用法や用量をしっかりと守っていれば、それほど副作用を怖がる必要はないのです。
本来なら、医師にレビトラを処方してもらうのが一番安全なのですが、それが経済的な理由でできないのであれば、できるだけ信頼できる個人輸入代行業者を選ぶようにしましょう。
インターネットの口コミなどを参考にすれば、信頼できる個人輸入代行業者を探すのはそれほど難しいことではありません。

コメントは受け付けていません。 バリフ