セックスは重要なコミュニケーション

魚の交尾をご覧になったことがありますか?
メスのお腹に精子をパっとかけて終わりなんですから、非常にあっけないものです。
メスが生んだ卵に、精子をかけるだけという種類もあるそうです。
そういえば、猫は交尾を人に見せないと聞いたことがあります。
ところが、人間がそんなことをやったら、早漏だと女性にひどくなじられることでしょう。
それは、人間にとってセックスが愛情の表現であり、愛撫することはコミュニケーションに他ならないからです。
肌を合わせることで、男性は女性が自分のパートナーなのだと確認でき、女性は自分が愛されていることを確認します。
ですから、ご無沙汰になってしまうと、他で浮気しているのではないか、自分に気持ちが無くなったのではないかとやきもきするわけです。
ところが、女性に更年期があるように、男性にも同じ症状が起こることがあり、どんどん勃起ができない状態になることがあります。
つまり、EDになってしまうわけですが、中高年になると多くの男性がこのEDに悩んでいるのです。
ところが、中高年ではない、若い男性でもEDに悩む男性が増えています。
食生活や生活習慣、ストレスなどが、その原因だと言われていますが、これではパートナーの仲に隙間風が吹いたとしてもおかしくありません。
ストレスが主な原因である心因性のEDは、何がきっかけになるかわからないものです。
漫画に描かれていた主人公が巨根だったため、自分は小さいと思い込み、それが原因でEDになってしまった10代の男性もいるくらいですから、きっかけは些細なことなのかもしれません。
しかし、その結果は些細なことではないでしょう。
女性にとって、セックスが愛情を確かめるコミュニケーションだということができるのではないでしょうか。
そのため、自分の夫がEDになった時、引きずってでも病院に訪れる夫婦が多いのです。
ところで、妻に引きずられて病院に訪れるなど、男性にとって痛恨の極みでしょう。
そうならないために、自分でEDをなんとかしたいと思うわけです。
満を持して登場したバイアグラは、あっという間に愛用者を得ました。
そして、その後、バイアグラの欠点をカバーするシアリスとレビトラ2つのED治療薬が登場し、多くのEDに悩む男性を救ってきました。
ところが、このED治療薬は驚くほど高いのです。
病院によってバラつきはありますが、1錠あたり1,500円から2,000円ほどはするのですから、定期的に買えるような値段ではありません。
そこで、人気となっているのがインドで製造されているレビトラのジェネリックのバリフです。
まだ特許が切れていないはずのレビトラのジェネリックが、なぜ存在するかというのはインドのお国事情が密接に関わっています。
人気のレビトラジェネリックのバリフは、ED治療薬のジェネリックの中でも人気のジェネリックです。
インドでは、成分特許という考え方がなかったため、ED治療薬のジェネリックが製造を製造しても大丈夫だったわけで、それが世のED男性を救っているのですからありがたいことです。

コメントは受け付けていません。 バリフ