性の悩みをスッキリさせるバリフ

日本において公に話題にする事が避けられがちなものがあります。
それが死に関する事と、性に関する事です。
どんな強靭な人や立派な人でも、いつかは死を迎えます。
また、性は生命の誕生には欠かせない存在です。

生まれる事と死んでいく事は、誰も避けられない事であるにもかかわらず、話題にする事はタブーとされて来たのです。
そんなタブー視されて来た死と性ですが、特に性に関しては近年では性教育がオープンな内容になり、禁忌的な雰囲気から解放されつつあるようです。
一方、小学校の保護者参観で性教育の授業を見てみた所、あまりにオープンな内容で赤面してしまった、というママさんもいらっしゃるようです。
如何にオープンな話題となっていても、実際には夫婦や恋人同士だけの空間で行われる事ですから、性の話題の取り扱いにはまだまだ注意が必要だと言えそうですね。
では、実際の家庭内や恋人同士の間でセックスに関する問題が起きた時、どのように対処すれば良いでしょうか。
先に挙げた通り、取扱要注意な性に関する出来事はおいそれとは他人には話せない事です。
特にセックスに関する悩みともなると、尚更他人には話しにくい事でしょう。

近年、EDに悩む男性が増えている様です。
EDとはErectileDysfunctionの略称で、勃起機能が低下している事を指す言葉です。
これは、まったく勃たないという症状だけでなく、勃起しても行為中に萎えてしまう”中折れ”もこの言葉の範疇に含まれます。
これは、男性だけの悩みではなく、パートナーである女性にとっても大きな問題だと言えるでしょう。
それ故に、男女が一つとなって解決の為に努力する必要があるのです。
さて、世の中にはED治療薬というものが存在します。
1998年に登場したバイアグラはその草分けとなった存在です。
これに続いて発売されたのがレビトラという治療薬です。
ドイツのバイエル社によって開発されたこのED治療薬は、即効性が特徴です。
空腹の時に服用すれば、20分程度で効果が現れます。
このレビトラと同様の効果が得られるのが、レビトラのジェネリック医薬品であるバリフです。
ジェネリックの魅力は価格の安さだと言えます。
レビトラ20mgは4錠入りで1箱6,000円ほどします。

一錠あたりは1,500円の計算になりますね。
これを高いととるか、安いかととるかは個人の経済事情によります。
ただ、これに対してバリフ20mgは10錠入りで1,700円強となっています。
30錠を纏めて購入すれば3,000円を切る事もあり、1錠あたりは100円を切ってしまいます。
同様の効果が得られて、この価格差ならばジェネリックを選ぶことの経済効果は無視出来ないものだと言えるでしょう。
ただ、レビトラ、バリフ共に使用に関しては医師の診断を受けてから行った方が賢明だと言えます。

EDについて医師に相談する事は恥ずかしい事ではありません。
ですが、なかなか実行に踏み切れない男性もいる事でしょう。
そんな時、パートナーである女性が後押ししてあげる事が、ED解決への第一歩となります。
この様に、性に関する話題や問題をタブーにせずに、男女が協力する事で乗り越えていく事が出来るのです。

コメントは受け付けていません。 バリフ