ED治療薬バリフについて

男性にとって、自身の性機能はとても気になるものです。
加齢に伴って性機能が衰えていくことは、女性なら肌が衰えていく悩みと似ている点があるかもしれません。
仕方がないと衰えを簡単に受け入れられないのです。
また、若い頃のように性的に強いことで男性としての自信を感じられる為、いつまでも現役でいたいという欲求が生まれてきます。
EDの原因は様々ありますが、最近は元気なはずの20代や30代男性にも増えています。

ストレスやうつ、運動不足、たばこ、病気(糖尿病・高脂血症・高血圧など)も原因とされています。
高脂血症が関係があると聞くと意外ですが、陰茎の血管に動脈硬化があったりすると、血液の流入が阻害されるので勃起不全になるのです。
抗うつ剤や血圧を下げる薬の服用も原因となることがあります。
そのような原因からEDに悩む男性の中には、薬を使って機能改善を望む人も多く、1998年に発売されたバイアグラは当時大変話題となりました。
海外から取り寄せてまで高価なバイアグラを購入する男性が後を絶たず、中には高齢に関わらず服用して死亡したりするケースもありました。
また、お腹が空いている時に服用しないと十分な効果が得られないそうです。
そのバイアグラと成分が似ているジェネリック医薬品(インドの製品)がバリフです。
バルデナフィルという成分で、普通は1日1錠(10mg)服用します(最大20mg)。
価格がバイアグラより安く医師の処方箋も要らないこともあり、EDに悩む男性に人気があります。

継続して服用する種類の医薬品ですから価格は重要なポイントですが、バイアグラの30分の1くらいで買うことができます。
陰茎の筋肉を緩めることで血流を良くし、性的刺激を受けると短時間で勃起不全を改善でき、食事やお酒の後に服用しても15分程度で効果が現れます。
効果の持続時間も長いと言われています。
それだけメリットが多いバリフですが、気になるのが副作用です。
服用すると必ずという訳ではありませんが、血流が急に良くなるので、頭が痛くなったり、顔が火照ったりすることがあります。
胃が弱い人は胃痛を起こすこともあるそうです。
しかし、症状も軽く時間が経つと自然におさまるものですし、個人差や体調に影響されることが大きいのでそれほど深刻に考える必要はないでしょう。
バリフはインターネット上の個人輸入の代行サイトで簡単に購入することができます。
まだ日本のドラッグストアでは購入できません。

数多くのショップがありますが、確かな製品を販売しているところを選ぶことが大切です。

厚生労働省指導などと記載されているショップの正規品であればとても信頼できるでしょう。
初めて試す場合などは効果その他不安な点も多いですが、10錠くらいのパッケージをとてもリーズナブルに購入することができるので、ショップを比較して、実際に使用した人のレビューなども参考にしながら、気になる悩みを解決する手段の一つとして試してみるのもお勧めです。

コメントは受け付けていません。 バリフ