バリフで自信を取り戻そう

バリフとは、インド製ED治療薬”レビトラ”のジェネリック薬品です。
まだ日本では認可が下りておらず個人輸入・輸入代行でしか手に入りませんが、レビトラと同じ効果を得られます。
バリフやレビトラの主成分はバルデナフィル塩酸塩水和物といい、一般にはバルデナフィルと呼ばれています。
バルデナフィルは勃起不全の原因である酵素の働きを阻害し、勃起に必要な血管の拡張と筋肉の弛緩作用をもたらします。
そうすることで、正常な勃起状態を取り戻し、勃起不全を改善することができるのです。
また、ジェネリック薬品なので手頃な値段となっています。

レビトラだと1錠で二千円以上していたものが、ジェネリックならたった百数十円で購入できてしまうのです。
1錠の半分でも効果が得られるという方もおり、これならいつでも気軽に使えて大満足ですね。
バリフの効果は服用後の性的刺激によって発揮しはじめます。
人によりますが、効果が表れるまでにだいたい20分程度、持続時間は4~8時間ほどで、すぐに効いて持続力もある薬といえます。
ちなみに、性欲亢進の働きはありません。
また、食後や飲酒後の服用や長期の服用でも安定した効果が得られるのが特徴です。
ふたりで食事をした後、時計を気にせずベッドに向かえますね。
ただし、食後や飲酒の影響を受け難いといっても、まったく受けない訳ではないので、より確実に効果を得たいなら食前や空腹時の服用を心がけなければならないでしょう。
用法は、バルデナフィル10mgなら成人は1日1回、性行為の約1時間前に経口服用します。
女性が使用する場合は、女性用と書かれているものを選びましょう。
医師の判断で10mgの服用では十分な効果が得られず、副作用も問題になるほどではない患者の場合は、20mgに増量することもできます。
服用間隔は24時間以上空け、用法・容量を守って正しく使いましょう。

バリフの副作用は極めて少ないといえますが、人によっては服用後に頭痛やほてり、鼻づまりや消化不良、めまいや動悸などを感じる場合もあるでしょう。
とくに多いのが”ほてり”や”頭痛”で、それは血管を広げる作用によるものなので時間が経って薬の効果が薄れるにつれて納まります。
気になるようでしたら、市販の頭痛薬との併用も可能です。
他にも、一時的な視力異常がみられる事もあり、色が判断しづらくなったり、まぶしく感じることもあるようです。
このような症状が現われた時は車の運転を控え、症状が治まるのを待ちましょう。
時間が経ってもこれらの症状が改善しない場合は、はやめに医師と相談して下さい。

注意事項としては、バリフは重い心臓病や脳卒中の病歴がある方、性行為自体が危険と判断される方、極度の低血圧や高血圧の方などが服用するのは非常に危険です。
絶対に使用しないで下さい。
心臓や脳血管に関係する病気のある方で上記に当てはまらない方でも、使用前には医師に確認するとよいでしょう。
自己判断は危険です。

コメントは受け付けていません。 バリフ