バリフはレビトラのジェネリック品です

今、海外から製品を個人輸入代行者を利用することで手に入れる方法が流行っています。
特に男性が必要とするED薬や育毛材などに人気が集中しています。
そしてED薬が人気なことは、ジェネリック品を取り扱う業者が多いことから、格安で商品を手に入れることが出来ると言う便利さも手伝っているのでしょう。
このジェネリックと呼ばれるものは、後発医薬品と言われる先発医薬品の特許が切れると共に発売される医薬品です。

この先発医薬品と呼ばれるものには、ED薬で有名なバイアグラとかレビトラ、シアリスなどの薬があります。
これらの欠点と言われることは、1錠当たりの価格が高いことです。
例えば、バイアグラですと50mgで1500円程度と言われ、レビトラに20mgで2000〜2500円になり、シアリスでは20mg2000〜2500円ほどになっています。
一回に使用する金額を考えると、性行為の頻度にもよりますがかなりの費用を要することになります。
そのため成分も同様で、効果も同じ様にあるのであれば、格安のジェネリック品に移行するのは、当然の成り行きに思えます。
ではバイアグラとかレビトラには、どのようなジェネリック品があるのでしょう。
今回はレビトラのジェネリック品に迫ってみます。

インドで発売されたバリフと薬がジェネリック品と呼ばれているのですが、何故か特許が切れる前から発売されているのです。
調べてみたところ、インドでは2004年までは、この特許を国が認めておらず製品の製造が認められていました。
ですが2005年からは、世界の国々同様の規律を守ることになるのですが、それ以前に製造された医薬品は認められているのです。
そのためバリフはレビトラと同様な効き目を持つ薬として販売されました。
当然レビトラのジェネリック品としての発売ですから、価格の相当安価に設定されています。
20mgではなんと1錠、170円弱と10分の1に近い価格設定になっているのです。
価格が高いからと言って効き目が増すと言うのであれば、考慮すべきこともあると思いますが、効き目が同じと言われるのであれば、無理をして高い薬を購入する必要はないと考えられます。

このバリフの特徴としては、バイアグラと違い食事の影響を受けないことにあります。
バイアグラですと空腹時の服用になりますが、このバリフの場合はいつ服用しても良いのです。
つまり満腹の状態での服用も可となっていますので、時間帯などを考える必要もありません。
また服用後比較的即効性があり、早めに効いて来る薬でもあります。
時間をかけて、待つと言うような必要もありません。
多くは、個人輸入に頼ることになる訳ですが、個人輸入の業者選びだけは、しっかりとする必要があります。
いくら安価だからと言って、非正規品を買わされては元も子もありません。
インターネット検索をキチンと行い、いろいろな情報を集め、信頼のおける業者を選び、購入するようにしたいものです。

コメントは受け付けていません。 バリフ