バリフの高い効果と価格の安さに救われました

世の中、見えると見えざるとに関わらず、色々な力がせめぎ合ったり、時には協力し合ったりしてバランスが保たれています。
私たちの体の中でも、色々な細胞や細菌がバランスよく協力していますし、外部からのウイルスの侵入に対しては、非常に巧妙な仕組みで対処してくれています。
実は、ペニスの勃起も二つの力がバランスを保つ事で正常に行われている様です。
ついでに我が家のお財布事情も、大変微妙なバランスで成立しています。

valif001

お財布にやさしいバリフ

何故、ペニスの話と我が家の家計の話をしたかと言うと、私のED対策と我が家のお財布事情は、実に絶妙なバランスで成り立っているからなのです。
その両者のバランスをとってくれているのは、バリフというお薬なのですが、そのお薬を入手した経緯は大変偶然的なものでした。
2年前、私はEDを患ってしまいました。
当時私は42歳で一人の妻と二人の子供がいたのですが、私としてはもう一人子供が欲しくて、ある晩妻に子づくりをしたいと願い出たのでした。
そして、子供が寝静まったのを見計らってセックスを開始したのです。
私はセックスが始まってすぐに違和感を感じました。

いつもはすぐに硬く勃起する私のペニスが、なかなか勃起しないのです。
それでも何とか勃起させて挿入したのですが、途中で萎えてしまいました。
結局上手くセックス出来ず、妻はしらけて寝てしまうし、私は情けなくて眠れないし、悲惨な一夜となってしまったのでした。
「どうしてしまったんだ、俺のペニスは」と一人悩んだ末に、私は医師に相談に行きました。
医師は「EDですね」と私に告げました。
医師によるとペニスの勃起は、cGMPとPDE5という二つの物質のバランスが重要な働きを持っているそうなのですが、私の場合はこのバランスが崩れているのだろう、という事でした。
医師はEDには治療薬があると言ってくれたのですが、なんと4錠購入するのに6千円もすると言うのです。
子育て中の我が家は全く家計に余裕などありませんでした。
それでも帰宅後、私は駄目元で妻に恐る恐る、ED治療薬購入を打診したのです。
妻の答えはNOでした。

「もう少し安いのなら買っても良いけどね」と妻は言いました。
「そんな安い薬があるものか」と私は思ってしょんぼりしたのですが、なんとその翌日に、格安のED治療薬の存在を知ったです。
それは仕事の帰宅途中、バスの中での事でした。
たまたま他の乗客が「格安で効果抜群のバリフというED治療薬がある」という話をしていたのを私は聞き逃さなかったのです。
帰宅後、私はインターネットを検索して、その治療薬を発見しました。
バリフはレビトラという治療薬のジェネリックの様でした。
驚いたのは、新薬と比べて10分の1程の値段で購入出来る様なのです。

私は購入について妻に相談しました。
すると「あんたの小遣いを減らして買うなら良いよ」との事でした。
何とも微妙な答えですが、私は小遣いを減らす事を承諾してバリフを注文しました。
そして薬が届いた日、子供が寝静まるのを待って治療薬を服用し、セックスにトライしたのでした。
すると、何と言う事でしょう、私のペニスは20代の様にガチガチに勃起したのです。
妻も興奮した様で、挿入後は子供が起きない様に声を抑えるのに必死の様でした。

そして現在、バリフのお陰で一人の妻と三人の子供に囲まれて、楽しく暮らせています。

コメントは受け付けていません。 バリフ